So-net無料ブログ作成

ワルツ・フォー・デビー [夜明けのJazz]

「夜明けのJazz」に取り上げている音源は,しばらく我が家のレコードラックに眠っていたLPレコードを取り出してターンテーブルに載せたものだけでしたが,今朝の1枚はCDです。
以前,ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」を取り上げましたが,midoriさんから,スウェーデンの女性シンガーモニカ・ゼタールンドのビル・エヴァンスとの共演盤を知らされました。

早速アマゾンで,「モニカ・ゼタールンド/ワルツ・フォー・デビー」を取り寄せました。

エヴァンスモニカ&ビル・.jpg

素晴らしい。声が良い。変にジャズっぽくなく,たとえて言えばドリス・デイのような声と歌い方に似ているかな。
1964年,ビル・エヴァンス・トリオと録音したものです。
ビル・エヴァンスがヴィレッジ・バンガードで録音した3枚のライヴ盤が1961年,それから3年,ビル・エヴァンス・トリオも素晴らしい。ベースがスコット・ラファロからチャック・イスラエルに代わっていますが,ベースもいいですね。

私の持っているLPの中に,ビル・エヴァンスがトニー・ベネットと録音した1枚がありました。
こちらの録音は,ビル・エヴァンスのソロとトニー・ベネットの二人のもの。
マイ・フーリッシュ・ハート,ワルツ・フォー・デビーも入っていますが,ジャズヴォーカルとしては断然モニカの方に軍配を挙げます。比較すべきものでもないか。

モニカの録音から10年後のものですが,ジャケットの写真では,ビル・エヴァンス晩年の風貌です。

ビルエヴァンス&トニー・ベネット.JPG


モニカは,2005年,ストックホルムのアパート火災で亡くなりました。このCDを初めて聞いたとき,CDの解説を読んで思わずしんみりしてしまいました。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。