So-net無料ブログ作成

忘年会2019.11.22 [季節]

昨日は,年末恒例,友人3人の3事務所合同忘年会でした。
事務所持ち回りの開催ですが,今年は,六ヶ所村のN行政書士主催でした。

場所は青森市でも少し名の売れたお寿司屋さん,食いしん坊の私は楽しみにしていました。
総勢10人,女子優勢,にぎやかでした。

まずは顔ぶれです。
メンバー.JPG

寿司屋のお料理,最初に「ナマコ」とサザエのつぼ焼き
ナマコが出てくると,津軽ではお正月間近です。

ナマコとサザエつぼ焼き.JPG

白子の天ぷら
これまた真鱈の白子は,寒い時期のもので,正月を感じさせます。塩でいただきました。

白子天ぷら.JPG

お造り
カツオ,ブリ,フグ,しめさば,赤貝,活蛸

お造り・カツオ,ブリ,フグ,しめさば,赤貝,活.JPG

キンキンのカマ煮つけ

キンキンのカマ煮つけ.JPG

カキの西京味噌焼き

カキ西京味噌焼き.JPG

握り
寿司屋さんですから,トリは握り。
これを楽しみにしていました。

握り.JPG

ビール,赤白ワイン,日本酒,種々入り乱れて飲みましたが,随分酔いました。

本年最初の忘年会,忘年会のハシリは,二次会へと向かいました。
名前は忘れましたが,随分急な階段を上り,アイリッシュ「ブッシュミルズ」を飲んだところまでは記憶していましたが,急な階段をどのようにして下りたか,けがなどないので無事下り切ったのでしょう。

忘年会はまだ2,3回はあるかな?


nice!(0)  コメント(2) 

秋の実り⑧2019.11.9 [季節]

立冬も過ぎ,青森は雪目前というところです。
昨日は,お得意様の工場で愛車のタイヤ交換を終え,いつ降っても大丈夫です。
北海道では雪予報ですが,来週,青森でも雪の日があるらしい。

今朝は少し寒い曇り空でしたが,いつものとおり眺望山に出かけました。いつもなら,8時過ぎには出発するのですが,暑さの心配はないので9時過ぎに出発しました。

登山道入り口の気温8℃,パーカを羽織って歩き出しました。
寒くなったせいか,上りも下りも私一人,他人と顔を合わせることはありませんでした。

先週も来ましたが,今頃の山の楽しみはキノコです。
山は冬間近,花はありませんが,キノコが待っています。
先週採った楢の倒木を見ると,また新たなムキタケが姿を現しています。
さらに,遅くに出てくる木もあります。

ムキタケ1.JPGムキタケ2.JPG

キノコは,鶏とキノコの蕎麦,そしてキノコ鍋,キノコの味噌汁と秋ならではの食卓となります。
山の恵に感謝です。

キノコのそばにムラサキシキブがありました。
里のムラサキシキブはもう終わって久しいのに,眺望山でお目にかかりました。

ムラサキシキブ.JPG

今日は,東口から上り,西口に下りました。そして,車を置いてある東口まで県道を歩いたので,およそ6kmほどの行程でした。春から歩いているので,疲れも感じません。
続けることに生きがいを感じています。


nice!(0)  コメント(0) 

秋の実り⑦2019.11.3 [季節]

今日は文化の日,晴れの特異日だそうです。明け方は雨だったようですが,日中は晴れ間も出て山歩き日和でした。

今は昔,中学生の頃は,文化の日と言えば学校の文化祭,あられの降ることも珍しいことではありませんでした。
例年,10月の下旬には山のムキタケ,11月にはナメコが見えていましたが,今年は11月に入ってやっとムキタケが見えるようになりました。

眺望山の登山道入り口の気温12℃,パーカを羽織って歩き出しました。この道を通るのもあと一か月くらいでしょう。

いつも点検する楢の倒木を見ると,先週までまだ小豆ツブだったムキタケが大きくなっていました。
山には花はなく,木々も色づきました。

楢の枯れ木につややかなムキタケです。

ムキタケ1.JPGムキタケ2.JPG

キノコは秋の山からのプレゼントですが,マスコミでは,キノコによる中毒さわぎが報道されています。
ムキタケは,キノコの石突が白く,形が似ている毒キノコのツキヨタケの石突には黒い沁みがあるので一目瞭然です。しかも,今頃の時期にツキヨタケは見たことがありません。知っているキノコ以外は口にしないようにしましょう。

明日は振替休日,仕事の整理でもしましょう。


nice!(0)  コメント(0) 

秋の実り⑥2019.10.27 [季節]

10月最後の日曜日,涼しくなりました。
台風も東北南部太平洋側に大雨の大きな被害を残しましたが,今日の青森は朝から涼しく,雨も降らないようなので,眺望山を歩きました。

登山道入り口15℃,少し肌寒いですが,長そでシャツにアウトドア用ベスト,パーカを羽織らず歩き出しました。少し寒いくらいが山を歩くにはベストです。歩き出せば体が温まり,それほど汗をかかずに済みます。

キノコ名人から,ムキタケはまだ見えないと言われていましたが,今日はどうか,寒くなってきたことだし。毎年,収穫する楢の倒木を見ながら歩き出しました。

毎年収穫する長い楢の倒木に出たばかりのムキタケがついていました。
気温が高かったせいで,例年よりも遅かったのでしょう。
それでもムキタケは,毎年毎年秋の味覚をもたらしてくれます。

ムキタケ1.JPGムキタケ2.JPGムキタケ3.JPG

ムキタケを収穫し,頂上までの道路脇の倒木に目をやり,ムキタケを少しずつゲットしました。毎年収穫するムキタケですが,場所(木)によって,時期に違いがあります。
早い時期に出てくる木,遅くなってから出る木,自然界の何らかの要素が影響しているのでしょう。

帰りには,キノコ名人にムキタケ生えたよと情報提供して我が家に帰りました。
向かいのお宅に3分の1ほどおすそわけ,秋一番のムキタケは,肉・キノコ炒めとキノコ汁か?

先週は,クリタケと楢茸(サモダシ)を収穫しましたが,秋も深まり,これからのキノコは,ムキタケとナメコ,味覚の秋本番です。






nice!(0)  コメント(0) 

秋の実り⑤2019.10.22 [季節]

今日は国民の祝日,最近になって知りました。皇室をあまり敬わないからでしょうか。皇室行事を政治利用しているのではないかとうがった見方をしているのは事実です。
安倍さんは,お祝いの言葉を述べ,人気ゲットとなるかな?

さて,せっかくの祝日で,しかも,雨も降りそうにないので眺望山に出かけました。
大分涼しくなったので山を歩くのにはもってこいです。
そろそろ狙ったキノコが出てくると思っていますが,楢やブナの倒木にムキタケの姿はありません。

そう思いながら,登山道の右手の尾根方向にキノコの姿が見えました。
太い楢の朽ちた伐根にたくさん出ていました。

クリタケ1.JPGクリタケ2.JPGクリタケ3.JPG

リュックのポリ袋一杯になりました。
このキノコはおそらくクリタケ(栗茸),どのような食べ方もできるはずです。

そして,頂上に向かって歩く途中,見慣れたキノコの株がすこしばかり,ナラタケ(楢茸)です。津軽ではサモダシと言います。最もポピュラーなキノコです。

祝日に山のプレゼント,今晩は,キノコの炊き込みご飯にキノコ汁かな?


nice!(0)  コメント(0) 

秋の実り④2019.10.16 [季節]

日中の最高気温が16度。暖房の試運転,朝晩の2,3時間,タイマーによる自動運転することにして,今朝起きたら暖かくなっていました。

そのような季節の移り変わりに,山ではキノコの季節を迎えました。
先週,東京でモーツァルトを聞いて青森に帰ると,宮城県登米市の五竜さんと地元のキノコ名人からキノコが届いていました。

五竜さんからのキノコはコウタケ。香茸とも書くのですが,生のままでも香りが強いキノコで,青森では見たことがありません。キノコ名人にも見てもらいましたが,見たことも採ったことも無いという。
ネットでは,乾燥して炊き込みご飯や煮物にすると匂い豊かで美味しいと紹介されています。
大きなキノコなので,細長く割き,ざるで天日乾燥,一部は天ぷらにしました。
天ぷらは,香りと味が濃く,乾燥したものの調理が楽しみです。

コウタケ.JPG

キノコ名人のキノコは,太軸のハタケシメジです。
軸が太く,重量感のある立派なキノコです。
随分前,昨年亡くなった山菜の師匠の工藤さんと一緒に,大きな株を採ったことがありました。
その時にどう食べたか,記憶にありませんが,株の中の小さい部分は,土瓶蒸しにしました。
以前,マイタケを採ったことがあり土瓶を3セット買ったのを久しぶりに活用です。

キノコの立派な部分は,急遽,すき焼きにしようということになりました。
太い軸を割いてみると,ひらめいたのがすき焼きでした。

土瓶蒸しも,すき焼きもイメージどおり,匂いマツタケ味シメジと言いますが,シャキシャキとした歯ごたえと濃厚な味,贅沢な夕食になりました。

ハタケシメジ.JPG


それにしても,台風の被害が気になっています。これ程の大きな被害を招いた台風があったでしょうか。これからの復興は気が遠くなるほどでしょう。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。





nice!(0)  コメント(0) 

秋の実り③2019.10.6 [季節]

暑い日が続いていましたが,ようやく夏日から解放されるらしい。
秋の山は実りの秋と,勝手にそう思っていますが,その第一弾のキノコ収穫です。

昨日(土曜)の朝,眺望山東口の気温19度。この涼しさは6月以来か?

早朝まで小雨だったので道路がしっとりしています。

頂上で休憩し,周りを一巡しているとキノコ発見。
地元ではイグチ(アミタケ),まだ若いキノコです。
このキノコは,歯触りが良く,煮ても量が減らないなかなか美味しいものです。
早速,夜のキノコの煮物にしました。

イグチ.JPG

下山途中,大きな白いキノコ,食用か毒かわかりません。いかにも毒々しい。
しかし,立派なキノコです。

毒か?.JPG

ほかに,シメジらしいキノコもありましたが,知らないものは食べない。これが私のキノコ対処法です。
しかし,赤松の周りで灰色,軸は白いとくればシメジでは?,キノコ名人に聞かなければいけません。
そういえば,鉄人もこのあたりでシメジを採ったと言っていたので,期待できるか?

来週あたりから,ムキタケが出始めるかな。
秋の山本番です。




nice!(0)  コメント(0) 

秋の実り②2019.10.4 [季節]

台風くずれの温帯低気圧の影響で,蒸し暑い雨模様の金曜です。
10月に入り,山を歩いていると,秋がだんだん深くなっていくのを実感します。

先日,平日に眺望山を歩き,山道につややかな山栗が落ちていました。

山栗.JPG
鬼皮をむき,渋皮のまま素揚げにします。塩を振れば立派なビールのつまみになります。

頂上の立ち木にイトトンボが停まっています。地味な色合いで名はわかりません。
しかし,トンボは好みです。トンボの季節はあとわずか。

イトトンボ1.JPGイトトンボ2.JPG

春可憐な花を見せていたチゴユリが濃紺の実をつけています。

チゴユリ.JPG

山に花はなくなりましたが,私にとってはキノコの季節到来です。
2,3日前に,友人のキノコ名人がハタケシメジとサモダシ(ナラタケ)を届けてくれました。
1年ぶりのキノコは,みそ汁そして鶏肉入りのキノコ汁,季節のものは美味しい。




nice!(0)  コメント(0) 

名のないりんご2019.9.29 [季節]

あっという間に9月も終わりです。
岩木山の麓,弘前市「弥生」の畏友小山内さんのりんご園に,りんごもぎに出かけました。
小山内さんは昨年亡くなりましたが,奥さんから,「いつものりんごがちょうどいいですよ」と連絡を受けたからです。
いつものりんごとは,世界で一本のりんごの樹,小山内さんが交配して造ったもの。
私は,弥生Xと言っています。紅く酸味と甘さが際立っています。

その弥生Xです。

弥生X.JPG

隣の樹,「王林」,収穫は少し先です「。

王林2.JPG王林1.JPG

小山内さんの自宅裏の紫式部
太い木になっています。

紫式部.JPG

彼岸は過ぎましたが,彼岸花が燃えています。

彼岸花.JPG

小山内さんの命日はあと10日。


nice!(0)  コメント(0) 

青森ねぶた2019 [季節]

青森も猛暑が続いています。
青森ねぶたは8月2日から始まり,6日まで夜間運行,今日7日は日中運行し,夜,ねぶたを船にのせて海上運行で祭りが締めくくられます。
ねぶたの海上運行のバックで花火大会が行われます。

今年のねぶた(日立連合)
IMG_2084.JPG

過去の動画ですが参考までにどうぞ。
https://youtu.be/U6wdB7aOs3s

ねぶたが終わるともうすぐお盆です。お盆には涼しい風が吹くとは過去の話,9月になってもこの暑さは続くのではないでしょうか。

今日は,午後国道の通行規制があるので,仕事は休みます。


nice!(0)  コメント(0)