So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

東京日記2020.2.15-17 [東京日記]

先週末、愛車の車検整備の時期を利用して、東京へリフレッシュの旅。
例年、車の点検の時期を利用し、コンサート、美術館巡り、道楽などのため恒例になっています。

①寄席
ほとんどは浅草のホテルに宿泊するので、ホテル近くの「浅草演芸ホール」に出かけています。
今回は、新宿「末広亭」、池袋「池袋演芸場」、上野「鈴本」、浅草「演芸ホール」の4つの寄席の出演者を調べ、ホテル近くにしました。
新宿末広亭を考えたのですが、今を時めく6代目神田伯山の襲名披露が始まったばかり、初日には、前夜からファンが並んだということで、混雑が予想され、浅草にした次第です。

新伯山の襲名口演は、落語でもおなじみの「中村仲蔵」、好きな演目なので残念ですがそのうちにユーチューブにもアップされるでしょう。
演芸ホールの昼席は、「三遊亭円丈」「鈴々舎馬風」「林家正蔵」等々人気者が出ていましたが、なかでも「歌武蔵」は、元相撲取りということもあり、迫力満点、良かったです。さすが元力士、着物は三反の生地を要するとのことです。

落語の後は、いつもの通り、「並木の藪」で「鴨南蛮」をいただきました。3月までなので、今シーズンはこれで終わりか。「鴨南蛮」だけは、他の蕎麦屋でこちらに優るものに巡り合ったことはありません。満足しました。

②道楽
16日の日曜、府中の東京競馬場に出かけました。霧のような雨でした。
今年の牡馬クラシックに出てきそうなサラブレットが走る「共同通信杯」、人気の武豊騎手参戦というので足を運びました。
惜しくも武騎手騎乗の「マイラプソディ」は4着でした。
昨年、久しぶりに年間100勝を達成した武豊、50歳だそうですが、若々しくスマートな姿にファンが多いのがうなずけます。
IMG_2214.JPG

③息子夫婦と食事
八丁堀に住んでいる息子夫婦から、日比谷のホテルで昼食に招待されていました。
今回の主たる目的のようなものです。
私にとって、日比谷公園の向こう側に、公務員時代、会議や研修で通った建物が見えており、懐かしいロケーションでした。
しかし、ホテルは敷居が高く玄関ホールに入ったこともありませんでした。

ホテルのランチ・バイキングでしたが、普段見ることのない料理の数々、デザートのケーキやアイスクリームなど、そして、何よりも息子夫婦の日頃の生活を聞くのが一番でした。
食事と言えば、日ごろ、カメラに収める前に、つい箸が出てしまいますがこの日も同じ、結局、写真はこの2カットだけです。

色々皿に取った料理とアイスクリーム3種
IMG_2219.JPG
IMG_2221.JPG

ビーフのパイ包みやケーキ各種、豪華な昼食でした。

息子夫婦と有楽町駅まで歩きました。

nice!(0)  コメント(0) 

スタン・ゲッツ&J・J・ジョンソン/at the Opera House [夜明けのJazz]

今朝は、車を車検に入れるため、それを利用して小旅行に出かけます。
小旅行と言っても、東京に道楽の旅です。

今年は年明けから、当ブログは、ほとんどを「夜明けのjazz」に徹してきました。
これも野外活動が始まるまでです。
青森市の日の出6:30、日の入り17:00、春間近、野の花々に出会う日も近くなりました。

そのような中での今朝の1枚は、スタン・ゲッツのテナー・サックスとJ・J・ジョンソンのトロンボーン、二人の名人の共演です。

ゲッツ&J・J.jpg
1957.10.19 オペラハウス (シカゴ) ヴァーヴ
スタン・ゲッツts J・J・ジョンソンtb オスカー・ピーターソンp レイ・ブラウンb ハーヴ・エリスg コニー・ケイds

スタン・ゲッツtsとJ・J・ジョンソンtbの極め付きの共演です。
スタン・ゲッツは、ジャズ雑誌のインタビュー記事で、自身が一番好きなアルバムとして挙げているのが本盤だと語ったという。

とにかくもかくにも、J・J・ジョンソンのうまさには驚嘆です。
スライドするトロンボーンをかくも自在に扱うのか、バルブ・トロンボーンよりも滑らかにメロディーを吹き上げる。
両者の白熱した共演に、コンサート・ホールは沸きに沸いています。

バックは、オスカー・ピーターソンのカルテットが務めていますが、二人の熱演に、ピーターソンはリズム・セクションに徹しています。
ハーブ・エリスのギターはいつ聞いても上品です。


nice!(0)  コメント(0) 

セロニアス・モンク/モンクス・ミュージック [夜明けのJazz]

2,3日寒い日が続いていましたが、今日の青森市の最高気温は10℃ということで4月上旬の温かさらしい。明日、弘前市まで出張なのでこのままで推移してほしい。

今朝の1枚は、セロニアス・モンクの「モンクス・ミュージック」です。
以前にも紹介したことがありますが、聞きなおしてみると、中々味があり興味深いメンバーなので再び登場です。

セロニアス・モンク/モンクスミュージック.jpg
1957.1.26 リバーサイド レイ・コープランドtp ジジ・グライスas コールマン・ホーキンスts ジョン・コルトレーンts セロニアス・モンクp ウィルバー・ウェアーb アート・ブレーキーds

セプテットの演奏ですが、何といってもコールマン・ホーキンスとジョン・コルトレーンの新旧テナーサックスが目玉でしょう。ホーキンスとコルトレーンの全く異なるテナーの音が魅力です。
そして、アート・ブレーキーならではの力の入ったドラミング、モンクならではのピアノ、満足です。

A面2曲目「ウェル・ユー・ニードント」で、自分のソロが終わってコルトレーンのソロが始まらないので「コルトレーン、コルトレーン」と呼ぶ声が入っています。モンクの勘違いだったらしいのですが、このようなハプニングが起きていても、この録音が名盤と言われているのは、新旧名手の緊迫した場面がリアルに録音されているからでしょう。

 
nice!(0)  コメント(0) 

バド・パウエル/ジャズ・ジャイアント [夜明けのJazz]

冬型の気圧配置が続いています。このようなときには、仕事の整理をしながら音楽です。

今朝の1枚、バド・パウエルの「ジャズ・ジャイアント」にしました。
バドが続いていましたので、彼の最後にこの1枚です。
アメージング、ジニアスときて、最後にジャイアントですから、どれだけ尊称をつけても付けきれない天才ということなのでしょう。

バド・パウエル/ジャズ・ジャイアント.jpg
1949.2.23*,1950.2** ヴァーヴ バド・パウエルp レイ・ブラウンb* カーリー・ラッセルb**  マックス・ローチds

1949年、1950年の録音ですから、ブルーノートのアメイジングVol.1、Vol.2に重なる時期で、バド絶好調のピアノを聞くことができます。
恐い演奏だという評論家もおりますが、これこそバド・パウエルだと思います。

スピードに乗ったバドのピアノは、余人の追随を許すものではありませんが、この録音の後半に収められている「イエスタデイズ」「エープリル・イン・パリ」「ボディ・アンド・ソウル」のスローな曲のなんと美しいことか、バドを聞くたび、緩急自在なピアノこそバド・パウエルの神髄だと思うのです。

それにつけても、マックス・ローチのドラムスは素晴らしい。


nice!(0)  コメント(0) 

"ザ・クインテット” ジャズ・アット・マッセイ・ホール [夜明けのJazz]

立春過ぎに寒波がやってきており、今週末まで居座るようです。
久しぶりに雪景色の青森市です。

今朝の1枚、バド・パウエルが続いた後、ガレスピーやコールマン・ホーキンスらの「シッティン・イン」を紹介しましたが、今回は、ジャズの巨人5人による「ジャズ・アット・マッセイ・ホール」です。

ジャズ・アット・マッセイ・ホール.jpg
1953.4.15 トロント<マッセイ・ホール> チャーリー・パーカーas ディジー・ガレスピーtp バド・パウエルp チャーリー・ミンガスb マックス・ローチds [debut]

曲 A 1パーディド 2ソルト・ピーナッツ 3オール・ザ・シングス・ユー・アー
  B 1ウィー 2ホット・ハウス 3チュニジアの夜

油井正一氏はライナーに、「マッセイ・ホールと言っただけで、ジャズ・ファンには通じてしまう。」と書いており、続けて。「ジャズ史上に燦然と輝く傑作だからである。」と言っています。
5人の巨人が一堂に会した唯一のセッションがこの録音のようで、その意味でもこの録音の価値が高いのではないでしょうか。
ちなみに、この録音は、チャーリー・ミンガスが内緒で録音機材を持ち込んだものだともいわれれています。

チャーリー・パーカー、バド・パウエル共に、勢いがやや下降してきていた時期とは思えない、パワフルで滑らかな演奏を聴くことができます。

LPジャケットでは、契約の関係からか、チャーリー・パーカーが、「charlie chan」と表記されています。
また、この夜のセッションの司会はチャーリー・パーカーがつとめており、彼の肉声を随所で聞くことができます。

チャーリー・パーカーのアルトの後、ディジー・ガレスピーのトランペット、続いてバドのピアノへと、わくわくする演奏が展開します。

マックス・ローチのドラムスもパワー全開です。

.
nice!(0)  コメント(0) 

ディジー・ガレスピー/シッティン・イン [夜明けのJazz]

あっという間に2月です。
俗に、2月は逃げるというように、まだ2月と油断するとすぐ3月がやってきます。

夜明けがだんだん早くなってきました。夜明けが6時40分頃、日の入りが4時40分頃、明日は立春、春間近です。

2月最初の夜明けのjazz、今朝の1枚は、ディジー・ガレスピーのトランペットに3人のテナー・サックスの名人が顔を会わせた「シッティン・イン」です。

シッティンイン.jpg
1957.6.26ヴァーヴ ディジー・ガレスピーtp スタン・ゲッツts ポール・ゴンザルベスts コールマン・ホーキンスts ウィントン・ケリーp ウェンデル・マーシャルb J.C・ハードds

A面1曲目の「ディジー・アトモスフィア」はガレスピーの曲で、他のプレイヤーが取り上げていますが、ここでは、メンバー全員のジャム・セッション。これ以外は、ガレスピーほかのメンバーが曲ごとにソロをとり、バラード・メドレーを繰り広げます。
テナーのバラードは、胸にしみます。

ガレスピー、ホーキンス、両巨人の名演に心なごみます。

2月に逃げられないよう、気を引き締めないと!


nice!(0)  コメント(0) 

バド・パウエル/ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル [夜明けのJazz]

昨日は明け方ミゾレ、昼頃からは温かくなり、道路に雪はなくなりました。
青森市の積雪はゼロ、来週はもう立春です。春間近はうれしいですが、こんなに暖冬だと夏が冷夏ではと心配している年寄りです。

1月最後の「夜明けのjazz」、今朝の1枚は、「ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル」にしました。
ザ・ジアス・オブ・バド・パウエル.jpg
1950.7月、1951.2月 ヴァーヴ バド・パウエルp レイ・ブラウンb バディ・リッチds

ブルーノートは「アメイジング・バド・パウエル」、ヴァーヴは「ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル」いずれのレーベルもタイトルに最大級の冠名を付しています。
実力・名声ともにそれがふさわしいということだったのでしょう。

本録音は、ブルーノートのアメイジングVol.1、Vol.2と同じ時期に吹き込まれたもので、バドが乗りに乗っている時期のものです。
バドのピアノは、孤高の芸術と言えましょうか、バド派と言われるピアニストの演奏も彼の領域に達した人はいなかったのではないでしょうか。

この録音のなかで、1951.2月の録音では、少しテンポの緩やかな曲を弾いています。
疾走するバドもいいですが、緩やかなバドも心和やかになります。

話題はオーディオに変わりますが、ここ2年程、プリアンプに中古のものを使用していましたが、いささかとげとげしい音がするので、最近、オークションでトランジスター・アンプを手に入れ、真空管(300Bシングル)のパワー・アンプにつないだところ、さわやかで深みのある音になりました。
音の入り口が良くないと、いくら300Bシングルでも、実力が発揮できないということですね。
夜も昼も、良い音は疲れません。




nice!(0)  コメント(0) 

バド・パウエル/ザ・シーン・チェンジズ [夜明けのJazz]

今日は、関東以西は荒れ模様の天気です。気圧配置は東高西低、春のような形です。

今朝の1枚は、バド・パウエルのアメイジングシリーズの最後「ザ・シーン・チェンジズ」です。

バド・パウエル/シーン・チェンジズ.jpg
1958.12.29ブルーノート バド・パウエルp ポール・チェンバースb アート・テーラーds 

バド・パウエルの録音で、最もヒットしたのが、この録音の1曲目「クレオパトラの夢」だと言われています。テレビの音楽番組のテーマにも使われていました。

バド・パウエルが精神的に不安定になり、彼のピアノは、かつてのような閃きとテクニックが薄れてきてからの録音ですが、この曲のような印象的な名曲も生まれています。
ジャケットの右に見える印象的な子供の顔は、バドの子「ジョン」らしい。

バドは、この録音の後、フランスに渡ります。映画「ラウンド・ミドナイト」は彼をモデルにデクスター・ゴードンが主演しましたが、薬と彼を取り巻く人間模様が出てきます。

2,3日前からCDで聞いていたのですが、どうも音がしっくりこなくて、古いLPを引っ張り出してプレーヤーで聞いたところ、レコードは良い結果を出してくれました。
CDはマイルドな音作りをしていたのでしょうね。ジャズにはよろしくない。

山の雪解けまで、しばらく夜明けのjazzを続けます。お付き合いください。

nice!(0)  コメント(0) 

エラ・フィッツジェラルド/エラ・アット・ジ・オペラハウス [夜明けのJazz]

大寒らしい寒い朝になりました。

しばらくエラ・フィッツジェラルドを聞いていたのに、彼女の代表作1枚を忘れていました。
「エラ・アット・ジ・オペラハウス」です。

エラ/アット・ジ・オペラハウス.jpg
1957.10.19シカゴ・オペラ・ハウス(オスカー・ピーターソン・クヮルテット)、1957.10.25ロサンジェルス・フィルハーモニー・ホール(J.A.T.Pオールスターズ)モノラル

代表作の1枚です。「イン・ベルリン」他のライブ録音と比較しても、こちらのほうが上という方もおります。この録音でわかるのは、例えば「イン・ベルリン」の「マック・ザ・ナイフ」に比して、乗りまくる一歩手前で収めているように聞こえます。
それでも、オールスターズの面々に煽り立てられ、聴衆と一緒に熱狂します。

この録音でも、「サヴォイでストンプ」「オー・レディ・ビー・グッド」のスキャットと激唱に圧倒されますが、スロー・バラードも素晴らしい。

ハーブ・エリスのギターの妙技を聞くことができます。




nice!(0)  コメント(0) 

バド・パウエル/アメイジング・バド・パウエルVol.3 [夜明けのJazz]

昨日、10㎝ほど積雪があり、その後は降らなかったので、幹線道路は雪のない青森です。
大寒に入ったものの、今日の最高気温5度、記憶にないほどの暖冬少雪です。

しばらくエラが続いていましたが、今朝の1枚は、バド・パウエル「アメイジングVol.3」にしました。
私が若いころ、バド・パウエルと言えば、ジャズ喫茶では「アメイジングVol.1,2」でした。
Vol1,2の鬼気迫るバド・パウエルに比べ、やや丸みがあり、ゆとりが感じられますが、相変わらずバド・パウエルのうなり声は健在です。

ジャケットの写真のワイルドな彼の顔が印象的です。

バド・パウエル/アメイジング第3集.jpg
ブルーノート1957年8月3日録音
バド・パウエルp ポール・チェンバースb アート・テーラーds カーティス・フラーtb

カーティス・フラーのトロンボーンがいいです。

そして、ブルーノートの録音は、音が生き生きしている。





nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -